Featured Work

社会福祉法人児童愛護会が運営する児童養護施設一宮学園のサイトです。私たちは、ひとりひとりの幸せのためにともに歩んでいきます。

Featured Work

わたし達の願いはこどもの幸せです


日本では、現在3万人のこどもたちが児童養護施設で暮らしていて、その内の半数以上は何らかの虐待を体験したことのあるこどもです。
現在、そのうちの149名(定員)のこどもが、一宮学園で生活しています。

3万人のうちの149名というと、全体の0.5%にすぎませんが、児童養護施設としては日本でも有数の大きさの施設です。
現在、将来に向けて施設機能の地域分散化、ケア単位の小規模化、本体施設の高機能化に取り組んでいます。現在の規模の大きさ故に、小規模化への移行作業は困難を極めることが予想されますが、より良いケアを目指して職員一同頑張ってまいります。

わたしたちの願いは全てのこどもたちが幸せに暮らせる世界の実現です。ただ、現実の世界を見回すと、それはまだまだ遠い未来の夢の中の世界なのだと思わされざるを得ません。.

わたしたちは、学園で生活しているこどもたちが無事に巣立ち、施設で生活していたことを理由にしたどんな不利益をも受けることなく、自立した大人に成長出来るよう、共に歩んでいきたいと考えています。.

Tools and apps I use everyday:
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Adobe Flash
  • After Effects
  • InDesign


児童養護施設の仕事に興味はありますか?

YES / NO



What's New





Content

学園での生活

一宮学園で暮らすということ。成長するということ。わたしたちは、こどもたちと一緒に歩みながら、ともに成長していきたいと考えています。

生教育活動

生教育委員会「さわやか」は、こどもたちが加害者にも被害者にもならないために、性教育にとどまらず、「生きる」ための教育を実施しています。

実施プログラム

CSP・CAP・セカンドステップといった各種プログラムの導入と実践、資格の取得をを通じて、個々の職員のスキルアップを図っています。

リクルート情報

来年3月に卒業予定の方の採用枠を拡大しました。また、働きながら資格取得を目指す方等を対象とした非正規職員につきましても募集しています。

実習情報

実習を希望される学生の方、及び養成校の実習担当者様への情報ページです。その他、個人の方への見学や体験実習のご案内もしております。

ご支援のお願い

現在、児童棟の小規模化及び腐食してしまった本館床の修復に取り組んでいます。個人、企業の別は問いません。皆様のお力添えをお待ちしております。

ボランティア

たくさんのボランティアさんに支えられています。地域の皆さまから各種団体、企業の皆さままで、日頃から多大なご協力をいただいております。

児童愛護会

社会福祉法人児童愛護会のページです。法人の概要や沿革の他、決算報等の情報公開を行っています。

はじめのいっぽ

退園児後援会へのリンクです。退園後の自立に向け、資金面での援助のみならず、ふるさと宅急便の送付から心のケアまで、様々なサポートを行ってくださいます。

青松学園

障がい者支援施設青松学園の紹介ページです。




一宮苑

特別養護老人ホーム一宮苑へのリンクです。




長生厚生園

障がい者支援施設長生厚生園へのリンクです。




Basic Principle

社会福祉法人児童愛護会
基本理念

ひとりひとりの幸せのために、共にあゆむ

本法人は、利用者の立場に立った、質の高いサービスを提供することを第一と考え、利用者ひとりひとりの気持ちを尊重したサービスの提供を行います。また、地域との交流の推進を図り安心と信頼で結ばれる社会福祉施設、事業の運営を行います。

 

一宮学園
基本理念

こどものしあわせ

こどものしあわせとは、周囲からあるがままの自分を受け止められ、愛で満たされることだと私たちは考えます。時に間違いや失敗をしますが、それらを含めたすべての経験が、その子自身のかけがえのない成長の糧となると信じます。

他の何物でもなく自分そのものが愛されているのだという実感の積み重ねの中でのみこどもの心は満たされ、ようやく自分自身を愛することができるようになり、そして、その延長線上にこそ他者を愛する気持ちも芽生えるのだと考えます。

私たちは、こどものしあわせの実現にむけ、常にこどもと共に成長しあうおとなでありたいと考えます。

 

一宮学園概要

大正15年6月10日、財団法人として設立認可を受け事務所を東京都麹町元衛町1番地に置く。その設立趣旨は、大正12年関東大震災羅災者の児童を保護・教育することを目的とし、その基金は恩賜金(おんしきん)並に義捐金160萬余円であった。 その後年月の経るに従って、対象児童を羅災者の児童のみに限るのは意義のないこととして寄付行為を変更した。生活の豊かでない一般家庭の児童の保育教養を行うことを目的とし、この趣旨を達成するための事項を事業とした。 1.虚弱児保育教育事業(一宮学園) 2.学資補助事業 3.前各号の外児童の保育及び教養上必要ありと認める事項 昭和16年以降第二次世界大戦の深まりと共に会の事業遂行はとみにその困難さを深め、敗戦後の日本経済社会の混乱の中に会の財政的基盤もまた弱体化を免れなかった。 昭和25年11月1日。事務所(当時 東京都千代田区三年町1番地21号)を、一宮学園所在地千葉県長生郡一宮町一宮389番地に移した。 昭和26年社会福祉事業法試行に伴い、会は社会福祉法人に改組。 昭和27年5月19日認可された。その事業目的は虚弱児施設一宮学園と養護学校一宮学園の設置経営に改められた。 昭和55年度より逐次義務教育を一宮町立一宮小・一宮中に移管し、昭和57年度末をもって養護学校を廃止した。 平成10年4月1日児童福祉法の改正に伴って虚弱児施設が廃止となり一宮学園は児童養護施設と種別、名称が改まる。

Information

一宮学園では施設の透明化を図るため様々な情報を公開しています。

交通案内

Googleの地図と交通アクセスが載ったページです。

お問い合わせ(只今リンクはありません)

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。
TEL 0475-42-2069

 

情報公開

会計報告書・事業報告書を公開しています。

Ramil

社会福祉法人児童愛護会のあゆみ

Youtubeにアップした動画です。ナレーションはモヤさまでお馴染みのショウ君です。